クローバーカフェの運営会社について

投稿日:2012年5月1日

運営会社 株式会社インパクトの紹介

クローバーカフェの運営会社である株式会社インパクトの会社設立の経緯と代表取締役 芝山さゆりからのメッセージです。

設立の経緯

会社を設立したのは、今から3年半前の4月15日。当時何の経験も無い専業主婦だった私が、お世話になった方の推薦から、全く知識のない分野である会社経営に携わる事になりました。
当然、家族や身内からは反対され、ずいぶん迷いましたが、長女が聞かせてくれた「歯科医になりたい」という夢を、母である私が叶えてあげたい。そう思っていたのと、自分自身も学生時代、ピアニストになるという夢を応援してくれていた両親の想いに応える事ができず、志半ばで諦めてしまった後悔の念がありました。せめて娘にだけはやりたい事をやらせてあげたかった。そんな思いから「ここで後退する訳にはいかない」と会社設立を決心しました。

転機

会社といっても、設立時はたった三人での起業で、泣かず飛ばずの状態でしたが、そんな時今の専務に再会し、彼も同年7月に会社を設立するから、お互いの役員に入らないかという進めをもらうも、住宅についての知識がない状態では到底難しいと思ったので私は時間をもらうようにしました。

そして現在

その後、早田氏には専務就任を御願いする事になり、決算までの9ヶ月を、今思えば凄い加速をする事ができたと思います。三重の出身の私は三重県での事業ばかりを考えていましたが彼のアイデアで「三重県だけでは仕事先も限定されてくるから、全国の仲間と一緒にやったらいいよ」とアドバイスをもらい、全国規模での事業展開ができました。そこから今年3期の決算を終わりましたがずっと黒字経営が続いてる状況です。

会社初年度 ウェブ事業プロデュース
二年目 ウェブ事業プロデュースから飲食プロデュース
三年目 同上プラス、広告事業、自社のカフェ事業とプロデュース業
なでしこセミナー、三重キッズタレント向け親子マナー教育
カフェ業務を通しての接客研修、人材教育

このように事業が拡大する事が出来たのは、人の「ご縁」に恵まれたおかげと痛感しています。「どう生きたいか」ではなく、「どう生きるか」が明確であれば人は色々なチャンスが来ると私自身が日々感じています。

クローバ−カフェは株式会社インパクトのナレッジマネージメントを活かして、地域の皆様に愛される憩いの場にしたいと思っております。