投稿日 2015年11月18日

ETHICAL vol.16

低燃費コラム×幸福論の話

Ethical vol.16表紙

『OECD加盟国36カ国中、日本は27位』OECD(経済協力開発機構)といえば、世界中の様々な指標を発表することで知られていますが、冒頭の順位は、実は幸福度の調査です。他の指標の日本の順位をみると、『治安』(1位)や『教育』(2位)が良い順位であり、『健康』(29位)や『就業時間』(34位)などが低くなっています。

日本は平均寿命が80歳以上と長寿命なのにもかかわらず、なぜ健康の指標が低いのだろうと、疑問を持たれた方もいらっしゃるでしょう。健康の指標はいくつかのデータによるものですが、残念ながら『膨大な医療費によって長生きはしているけど健康を実感できない』というのが実際のところのようです。

冒頭の幸福の話に戻りますが、幸福の3大要素は『経済的ゆとり』・『家庭環境』・『健康』といわれています。晩婚化や少子化も気になるところですが、何をするにもやはり健康が第一です。

気温が下がると死亡率が上がるというのは統計で明らかにされており、今の季節は特に体に負担がかかります。外出時はもちろん、家の中でも部屋によって大きな寒暖差がある場合があります。そういう意味では、住宅の断熱性能を上げることは健康への投資とも言えそうですね。

話は変わりますが、次回のクローバーカフェ婚活パーティーは2月9日(日)です。家庭環境の悩み、特に運命の出会いをお探しの方はこちらへどうぞ。

ま〜し〜・山ピー・釣人のドイツ研修レポー卜第2弾

第8回

ドイツ研修レポート第2弾第8回

フライブルグ市

街づくりに特徴があります。市が主導となり、計画的に店舗配置を行い、スーパーや本屋、飲食店が日常品のお店は街中に、ホームセンターや車屋は街街へ配置計画します。こうすることで、日用品を買いに多くの人が毎日街中に集まります。

写真は平日の夕方の街中の様子です。老若男女多くの人が街中に集まります。活気があります。エネルギッシュです。もちろん主要な交通手段は”トラム”です。ここでは街中で車を見ることがほとんどありません。街の外周に道路と駐車場をつくり、街中への車の出入りを規制しています。

街中は早朝から深夜まで約5分間隔でトラム(路面電車)が走り、普段から多くの人が利用しています。多くの人が利用すればトラムは朝早くから遅くまで便数多く走らせることがdけいます。そうすれば、トラム利用も不便を感じないので、もっと多くの人が利用できます。

今、日本の地方ではバスや電車の、便数が少なくて不便だから使わない→使ってくれないから便数を減らす。→またまた、使いにくくなったので利用しない・・・といった連鎖が起きていると思います。

ドイツ フライブルグ市は、その逆で便利だからトラムを使う→多くの人が使ってくれるから増便・サービス向上する→ますます、使いやすいから多くの人が利用する。といった、いい連鎖反応が起こっているようです。

 

スタッフ日誌

スタッフ日誌山岡

こんにちは。低燃費住宅にて設計業務を行っている山岡です。

まだまだ寒いこの季節、家に帰ってから暖かいお風呂につかりたいですよね。そう思い、先日道後温泉に行ってきました。行ったのは「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋のモデルになったといわれる「道後温泉本館」です。1894年に建築され、1994年に国の重要文化財にも指定されています。実内は木造の趣があり、ゆっくり寛ぐことができました。坊っちゃん団子やみかん石鹸もあるので、行かれたことのない方はぜひ行ってみてください。

今回、築100年以上の建築物でも、しっかりメンテナンスしてあげれば長く使えることを実感しました。長く愛される家づくりを意識してこれからも設計業務行っていきます。

TNPhouseぞくぞくと建設中!

未来の子どもたちのために・・・の想いを胸に留まる事を知らない低燃費住宅。1月中も2件の見学会、3件のお引き渡しがありました。2月も見学会を3件実施予定です。この内の2件は愛媛県での開催です。中にはお引き渡し後も見学可能なお家もございます。実際に住まわれて低燃費住宅を体感しているご家族のお声を聞くこともできますので、ぜひ、お問い合わせ下さい。

クローバーカフェからのお知らせ

2月のクローバーカフェのイベント予定です。

クローバーカフェ

お問い合わせはこちら

お電話はこちら 0120-44-0049

イベント一覧に戻る