投稿日 2015年12月28日

ETHICAL vol.17

花粉の話x低燃費コラム

Ethical17号表紙

今年も花粉症をお持ちの方にはつらい時期となりました。

すっかり国民病となった花粉症。今や三人にひとりが花粉症に悩んでいるそうです。花粉は雨上がりで晴れて風の強い日によく飛ぶそうで、中でも午後1時〜3時と、夕方5時〜7時に飛散量が多くなるようです。

どうやら『雨が降ったから空気がきれい!』なのは午前中だけのようですね。

お家で出来る対策は花粉を家に入れない事と、入った花粉の除去です。

シーズン中は外で洗濯物や布団を干すことを控え、外で干した場合にはしっかりと花粉をはたき落としてから取り込みましょう。

最近は花粉を付きにくくしたり、付いた花粉を落としやすくするスプレーも売られているので、そういうものを使うのも良いでしょう。外出先からの帰宅時も玄関で同様にはたき落とすほか、すぐ入浴するのも効果的だそうです。

シーズン中の換気は窓に頼らずに24時間換気扇から。ちなみに高気密高断熱住宅は花粉が入りにくいそうですよ。
入ってしまった花粉の除去ですが、掃除機は換気で花粉が舞うので、花粉症の方にはおすすめできません。一番良いのが濡れ雑巾やウェットタイプのシートで拭き掃除。
どうしても掃除機を使う際には0.3umのホコリの除去率の高いものを選びましょう。サイクロン式でもフィルター付きがおすすめです。

当然床はフローリングが良いので、ラグなどはシーズン中の使用を控えた方が良さそうです。

気をつけたいのは湿度。湿度が高いと浮遊粒子は早く落ちることが知られており、花粉対策としても有効なので50%程度を目安にしたいです。
空気清浄機も有効ですが、購入の際にはフィルターの性能に気をつけましょう。
◯☓プラズマとか△□イオンなどの機能は、客観的に評価できるデータが出ていないようなので、過信は禁物です。きちんと対策して、心地良い季節を気持ちよく過ごしたいですね。

ま〜し〜・山ピー・釣人のドイツ研修レポー卜第2弾

第9回

ドイツレポート第2弾第9回

今回のドイツ視察では、住んでいる人たちがステキな笑顔でいること。街全体に活気があり、誇らしげに住まわれていること。改めて、人の本当の幸せな暮らし方を垣間見ることができました。
また、同時に日本の古くからの住宅づくりと共通点も多く、最新の機器に囲まれ、機器に制御された住環境ではなく、我慢することなく、自然の力を活用しながら、必要なところは必要なだけ最新の技術で補う生活スタイル。そして、目の前の快適さや安心ではなく、将来にわたり続く快適さや安心を選択・ご提案する必要性を感じました。
全てのモノに長所と短所があります。短所は極力小さく、対策方法を見出す。長所はより大きくする。

そんなベストミックスをお客様にご提案・発信していきたいと思います。
次回は、ドイツ(ヨーロッパ)視察 冬バージョンをお届けします。冬のドイツ(ヨーロッパ)の快適生活もきっと新たな発見があることでしょう。

 

スタッフ日誌

スタッフ日誌

こんにちは!低燃費住宅太陽光部門の西岡です。
住宅の屋根の上から広大な土地まで、全国各地の設計・申請業務を主に行っています。再生可能エネルギーで、私たちの生活を賄うことが出来れば、すごく理想的な社会に一歩近づけると思いませんか?
そんな業務の合間に、珈琲をハンドドリップで淹れて、一息。
クローバーカフェの珈琲は、オリジナルブレンド♪
三重県で焙煎された常に新鮮な豆を使用しています。
先日、焙煎士阿竹社長によるハンドドリップ講習が行われたので参加させて頂くことに。

家でも、ゆっくりする時は、自分で珈琲を淹れるようになりました♪
お気に入りのコーヒーカップはお持ちですか?

ぞくぞくと見学会開催中!

詳しい見学会の情報はホームページにて掲載予定です。
また、お電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。
低燃費住宅の「いろは」を構造見学会、完成見学会で学べるチャンスです!ぜひ、ご家族お誘いのうえ、お越しください。

クローバーカフェからのお知らせ

3月のクローバーカフェのオススメメニューとイベント予定です。

クローバーカフェからのお知らせ

お問い合わせはこちら

お電話はこちら 0120-44-0049

イベント一覧に戻る